防犯に定評|老舗の不動産屋を見分けよう|免許の番号に注目する

老舗の不動産屋を見分けよう|免許の番号に注目する

防犯に定評

模型

都会に住むことで気になるのが防犯である。特に子供がいる家庭では、事故に遭遇しないような車通りが少ない場所に住宅を移すこともある。不審者や治安に対しても同様に気をつける必要があり、周辺環境の情報収集は欠かせない。住宅の中を守るためには、扉や窓の防犯は大事である。マンションではエレベーターや階段が設けられているが、ブリリアではこの出入口に関しての防犯を特に重視している。エントランスには外部からの客や出入り業者、住民が入ることになるが、これを管理しやすいように住民にはICカードが配られる。鍵ではなく複製されにくいICカードにすることで、出入りが簡単にできないような作りになっているのである。また、来訪者はインターホンで入居者を呼び出し、カメラで顔を確認したあと解錠となる。ブリリアのマンションでは、エレベーターホールもこのICカードをかざすようになっており、二重の防犯ができる。

ブリリアで行っているさらなる防犯には、監視カメラの設置がある。敷地内の要所にこのカメラを設置し、管理会社が常に監視体制を整えている。不審者の侵入を防ぐためにも、こういった二重三重の防犯が必要なのである。エレベーターには暴れ検知や滞留検知が設定されおり、エレベーターでの不審な動きを検知できるような最新技術が搭載されている。ブリリアと警備会社では密接に体制が整えられており、もしもの時にはすぐに警備員が駆けつけてくれるようになっている。